着付けに関する資格には、様々な名称で着付けスクールなどが認定する民間資格と、社団法人全日本着付けセンターが実施する国家資格があります。

着付けに関する国家検定である「着付け技能検定」に合格したものは「着付け技能士」を名乗ることが出来ます。

着付けを仕事する場合、必ずしも国家資格が必要になるわけではありません。特に京都や神奈川などで着物のレンタル店は資格なしでも働けます。

技術を覚えるうえで習ったほうが早いから取得する人が多いでしょう。

ただ、着付け技能士は民間資格より遙かに安い費用で取得することが可能ですので、数ある着付けの資格の中ではお薦めと言えます。

着付け技能検定の受検を考えている方は、検定試験の詳細について、社団法人着付け技能センターの公式ホームページをこまめに確認するようにして下さい。

目次

「着付け技能検定」とは

全日本着付け技能センターが年に一回実施する国家検定制度です。1級と2級の2種類があり、合格者は「1級着付け技能士」又は「2級着付け技能士」と名乗ることができます。

「着付け技能士」は着付けに関する知識と技能を備えていることが条件になり、着物の伝統や芸術性といった文化的な観点を問われるものではありません。

したがって、着物の流派にも関係なく取得することが出来る資格です。

受験資格

検定内容

2級、1級ともに学科と実技が実施され、学科試験を合格した者のみ実技試験の受験ができます。

学科試験では2級では着物の歴史、着物のたたみ方、帯や小物の種類など、着物に関する基礎知識が問われます。

1級も出題範囲はほぼ同じですが、より高度な知識が問われる内容になっています。

全日本着付け技能センターの公式ホームページに過去問が掲載されているので、繰り返し解くことをお薦めします。

実技試験は、2級では浴衣・街着・付下げ・訪問着、付下げ訪問着について、1級ではこれに加え、色留袖・黒留袖・中振袖・紋服(羽織・袴)について、規定の時間内に着付けを終えられることが求められます。

なお、合格率が気になるところですが、現時点では非公開とされています。

手続きの流れ

まず、受検申請期間内に申請書を提出します。

社団法人着付け技能センターの公式ホームページより受験申請書をダウンロードするか、郵便で一般社団法人全日本着付け技能センター事務局に資料請求します。

検定申請期間や試験日程、受験会場、合格発表日、受験料などの詳細については、社団法人着付け技能センターの公式ホームページに掲載されていますので、小まめにチェックするようにして下さい。

合格後

検定に最終合格すると、厚生労働大臣名(1級)または一般社団法人全日本着付け技能センターの理事長名(2級)の合格証書が交付され、「着付け技能士」を名乗ることが出来ます。

参考サイト