着物を手縫いで作ってみたいと思ったことはありませんか?

着物は洋服の縫い方とは異なる和裁という方法で作ります。和裁は高度な技術であり独学では困難なため、着物1着作るには和裁教室に通うなど、直接人に教えてもらう必要があります。

今回は着物を手縫いする方法である和裁について説明していきます。

着物は和裁で縫われている

現代では機械化が進展した影響で、着物も機械で作られていることが多いのですが、着物の中には今でも昔からの技術を使って手作業で作られているものもあり、そういった着物は基本的に「和裁」という技術で作られています。

和裁の特徴

和裁は洋服の縫い方である洋裁とは異なり、長さを今日よく使われているメートル単位ではなく、昔日本で使われていた「尺」などの単位で測ります。

また基本的に手縫いで着物を作っていくのが特徴で、現在でも和裁の技術を習得して自宅で着物を繕う和裁士という職業についている方達がいます。

和裁を習うには

趣味として着物を作ってみたいなら、和裁教室に通うのが良いでしょう。

和裁を習えば子供の着物などを作ったり、着物を自分で仕立て直したりすることができるのはもちろん、手先が器用になって自信を持てるようになります。

和裁で仕事をしたいと思ったら、和裁の専門学校に通ったり弟子入りをしたりすると、より専門的な技術を習得できます。

ただし専門学校に通うとお金がかかり、弟子入りをすると師匠や同じ弟子と良い関係を構築したり場合によっては生活を共にしたりする必要があります。

それぞれの特徴を見て自分に合った習い方をするようにしましょう。

着物を縫う和裁士とは

仕事内容

和裁士とはミシンを使わずに手縫いで着物を反物から作る人達のことを指します。また着物のほつれや、体型の変化や別の人に着物にあげるため寸法を変える、いわゆるお直しをしたり、和裁教室を開いて人に和裁を教えたりすることもあります。

資格

和裁の資格としては和裁技能検定があります。

これは和裁の国家試験であり、合格すると和裁技能士として働くことができます。和裁技能検定は1~3級までありますが、1・2級は3級に合格しないと受けることはできず、また一定の実務経験があることも受験の条件となっています。

和裁士になるためには絶対に取らないといけないというものではありませんが、取っておけばお客様から信頼されて仕事を任せてもらえる可能性が高くなるので、取っておいて損はありません。

参考